積み木のおもちゃ

我が家には、直方体の積み木が300個ある。
息子の1歳の誕生日プレゼントに買ったものだ。

003

ブナ材の着色されていない積み木は、木のぬくもりが感じられ、何個か並べて置いておくだけで、おしゃれなインテリアにもなった。

1歳のときの遊びかたは、積み木をただ重ねるだけだったが、2、3歳になると、お城を作ったり、ミニカーの駐車場を作ったりするようになった。

建築物だけでなく、積み木をパンに見たてておままごとをしたり、息子の想像の世界の中で、ケータイ、リモコン、車、線路といろいろなものに変化した。

最近は、駅とバスターミナル、駐車場とひとつの街を作るようになり、300個あった積み木も数が足りなくなってきた。
クリスマスプレゼントに、サンタさんに積み木の追加をお願いしようか悩んでいる。
(結構いいお値段なので、サンタさんが困るかもしれない。)

息子が1歳のときは、ここまで積み木で遊ぶとは思わなかったが、シンプルな積み木は無限にいろいろな物に見たてられて、子供には最高のおもちゃなのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です